妊活時はひときわ、ストレスを溜めないよう

妊活時はひときわ、ストレスを溜めないように留意することが大事となってきます。


なので、入浴中のリラックスは大事ですが、体に負荷をかけない方が無難だという立場から言うと熱めのお湯に長くつかるということは控えてください。



実は、熱は悪い影響を与えてしまうのです。妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫と妻の協力が不可欠です。これは何を意味するかというと、男性の協力が妊活においては大きなウェイトを占めているということです。
男性は出産できませんから、もしかすると、女の人の活動だと考えられることが多いですが、男性も協力して取り組まなければ妊活が成功する確率は下がってしまいます。

妊娠の可能性がある方や、妊娠中の方は葉酸が有効だといわれています。

最近知られてきましたが、葉酸は胎児がすこやかに育つのを助け、細胞分裂を促進する効果があるのです。


葉酸はその名の通り野菜から摂取するもので、葉物の他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも多量の含有を期待できますが、市販のサプリメントや錠剤でも手軽に摂れますので日頃から野菜不足を感じている方や先に挙げたような野菜が苦手な方には特に良いでしょう。

妊娠初期の胎児にとって非常に重要と言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。



葉酸を摂るためには何を食べれば良いかというとほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に豊富に含まれます。

納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。



また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。毎日の献立の中に入れていき、積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。


また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、おやつならイチゴが良いでしょう。妊娠を望む女性にとって、体を冷やすことは最も避けたいものの一つでしょう。冷える事は血行不良に繋がりますから、妊娠のために必要不可欠な子宮や卵巣の機能を低下させているかもしれないのです。いま、冷えに悩んでいるという方は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を温めるようにしながら、冷え性を改善するようにしてください。
女性の妊活時はよく飲む飲み物にも気を遣わねばなりません。


成分にカフェインを含む飲み物は着床に悪影響を及ぼしたり、体を冷やす作用があるので飲まない方がいいでしょう。

体を温めるお茶で、しかもカフェインが入っていないものを飲むのがいいです。例えばミネラルがたくさん入っているルイボスティーや漢方薬でも有名なたんぽぽ茶などは適しています。



食事からの摂取だけでは、どうしても不足しがちな葉酸は、足りない分はサプリなどを飲み、補っても効果に変わりはありません。

また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性など葉酸をかなり多く摂らなければならない状況であっても日々の献立の中で、葉酸が不十分なときや、簡単に改善されない貧血を治療するため、時々用いられる手段として、筋肉注射で補う場合もあります。葉酸の効果が知られれば知られるほど、大量に摂取するとより効き目があると単純に考える方もいてもおかしくありませんが、所要量を大幅に超える葉酸を摂り続けると身体には害になります。主な副作用は発熱、じんましん、かゆみなどで、ひどい場合は呼吸障害を起こす重症例もあります。

1日あたり1000μgが、葉酸を摂れる上限であり、サプリメントの大量摂取には要注意です。

これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方は決して珍しくありません。

腸の働きを正常にするためにも、腸内環境が正常でないとどれほど食事に気をつけて栄養を摂るようにしても、栄養素は十分吸収されません。腸の中で細菌が正常に働くことで、葉酸などの栄養素は身体の中に取り込まれるので、栄養をきちんと摂ることと並行して、腸内環境の整備も意識していくべきです。

当然のことながら、健康でいるということが妊活の基本原則です。その目的のために心がけることは、食べ物に留意し、体もある程度動かすということです。



肥満に陥らないようにするためでもあるのですが、体の中の血の巡りを良くすることで体の栄養分のやりとりをスムーズにさせるということも大きな目的の一つです。
一例として、軽くウォーキングをすることなんかいいと思います。